お知らせ・報告

2016.03.07

宜野湾市議会総務常任委員会に出席しました。

3/7(月)、先日宜野湾市議会に陳情した件について、本日市議会総務常任委員会に出席しました。
陳情の趣旨として
市西部沿岸地区にある、大規模集客施設及び、普天間高校、中部商業高校、宜野湾高校に期日前投票所を新たに設置し、市役所から離れた地区に住む有権者及び、来る参議院選挙の選挙権が18歳以上に引き下げられたことに伴う、有権者の投票の機会の確保を求めました。

12805772

写真:正面 宜野湾青年会議所39代理事長 比屋根 拓

宜野湾市の各市議より、積極的意見や、疑問点など。
それぞれの立場からの意見交換や趣旨説明を行いました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

写真:宜野湾市議会総務常任委員会

議員の方からは、那覇市の事例についての質問や、青年会議所の取り組みなどについて様々な意見も頂きました。

総務常任委員会では、建設的な意見が数多く出され、実現に向けてどのように取り組みができるかなど前向きな話し合いができた一方、その後傍聴した選挙管理委員会での意見を拝聴し、予算や、設備など、現実的な課題がいくつか指摘されました。

現段階では難しいのではないか、との指摘もありましたが、その一つ一つ挙げられる課題について、よりよい街づくりの為、市議会や、選挙管理委員会だけではなく、市民も一丸となって取り組む必要性に駆られました。

こうした様々な意見を踏まえながら、今回の陳情だけでなく、この先の設置に向けても実現するまで今後も積極的に議会に働きかけ続けたいと思っております。

12801245

写真:手前:大川委員長・奥:仲宗根副理事長

「未来へつなぐ、一票の大切さを知ろう」

2016年 宜野湾青年会議所では比屋根理事長の元、大川委員長が中心となり、選挙おもしろ委員会が設置されております。

選挙は長い歴史の中から国民が勝ち取った、国民の権利です。
選挙に行く意義や意味を、若者に考える機会を提供する為、宜野湾青年会議所では2016年様々な取り組みを予定しております。
選挙おもしろ委員会 大川委員長の所信はこちら

http://ginowan-jc.org/common/data/vote2016.pdf

 

関連記事

We believe
That faith in God gives meaning and purpose to human life;
That the brotherhood of man transcends the sovereignty of nations;
That economic justice can best be won by free men through free enterprise;
That government should be of laws rather than of men ;
That earth's great treasure lies in human personality;
And that service to humanity is the best work of life.

宜野湾JC 活動エリア:宜野湾市・中城村・北中城村